初心者にオススメ|少額投資が可能なPayPay証券のメリット5点

その他投資

こんにちは、BEVELLEです。

資金は少ないけど投資を始めたい!という方は年々増えてきていると思います。

今メインで実施しているマネーパートナーズの連続予約注文も少額から実施可能ですが、『FXでは無く株を運用したい』という方にとってはスマホ証券【PayPay証券】が最有力です。

PayPay証券

今回はそんなスマホ証券【PayPay証券】の魅力をお伝えしていきましょう。

1.PayPay証券の魅力

PayPay証券の魅力は以下の通りに挙げる事が出来ます。

PAYPAY証券の魅力一覧

☆1,000円から株が購入出来る
☆少額投資なら手数料(スプレッド)が安い
☆PAYPAYボーナスを運用に回す事が出来る
☆IPO株も購入出来る
☆おいたまま買付が便利

1,000から株式購入が出来て、更に手数料が安い!という時点でもはや少額投資を検討する方はこれだけで決め手になりそうですが、加えて多くのサービスも充実していますね。

順番に見ていきましょう。

① 1,000円から株が購入出来る

1,000円から株が購入出来るのはなんと言っても最大の魅力でしょう。

本来、株式を購入する時は単元ごとの購入が前提です。基本1単元=100株です。

よくニュースなどで『A社の株価は○○円です』という表示を見たことが有ると思いますが、あの表示は1株単位の値段になっています。

なので、A社の株を購入して株主になろうと思うと、その株価の100倍を掛けた資金を保有しないと購入出来ない訳ですね。

ちなみに2021/11/19現在、夢の国を運営しているオリエンタルランド(OLC)は19,230円の値段を付けていますが、この株を購入するとなると1,923,000円が必要になりますね。非常に大金です。

しかし、PayPay証券ではこの【単元購入】の縛りが有りません。

ユーザーは欲しい株を1,000円から購入出来ます。

上記OLCの場合だとだいたい0.05株を保有出来る、という事になりそうですね(*^^*)

成長が見込めそうな企業に積極的に投資出来るのは非常に魅力でしょう。

② 少額投資なら手数料(スプレッド)が安い

少額投資を行う場合、ランニングコストも気にする必要が有ります。

売買の際に多額の手数料を取られてしまって、QUOREAのように『利益=手数料』のような状態になってしまっては元も子もないですからね。しっかりと把握しておく必要が有る重要項目が手数料です。

PayPay証券では売買に手数料が掛かりませんので心配いらないように見えますが、FX同様にスプレッドが設定されており、こちらが実質手数料となります。

スプレッドは以下の通りです。

有価証券の手数料相当額

【国内上場有価証券】
・9:00~11:30分、及び12:30分15:00まで…基準価格の0.5%
・上記以外の時間帯…基準価格の1.0%

【国外上場有価証券】
・※ 日本時間 23:30 ~ 6:00(夏時間:22:30 ~ 5:00)…基準価格の0.5%
・上記以外の時間帯…基準価格の0.7%

仮に1,000円で売買した場合は以下の通りになります。

時間内時間外(比較)SBI証券(比較)松井証券
国内上場有価証券5円10円55円55円
国外上場有価証券5円7円約5円約5円

国内株を売買する場合、かなり費用を抑えることが出来ますね。非常に大きなメリットと言えると思います。

逆に高額な金額で売買する場合は比例して実質手数料も増えてしまうので要注意です。

③ PayPayボーナスを運用に回す事が出来る

PayPayを支払いで使用している方にとっては、PayPayボーナスを運用に回すことが出来るのも一つの強みになりそうです。

PayPayボーナスとは『特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高』の事で、決済額の○%還元される!という芸人の宮川さんが印象的なCMでお馴染みのキャッシュバックポイントとも言えるでしょう。

そのポイントを、次の買い物決済ではなく、運用に回すことが出来るというものです。

投資先は【S&P500】のみですが、S&P500は以下の内容から非常に人気の有る銘柄なので運用先としては非常に良い選択だと思います。

S&P500

スタンダード・アンド・プアーズ500種指数(英語: Standard & Poor’s 500 Stock Index)
S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数である。
ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している企業の中から代表的な500社を選出し、その銘柄の株価を基に算出される。 (Wikiより)

有名な企業としては、マイクロソフト、アマゾン、アップル、フェイスブック、VISA…等など錚々たる顔ぶれになっています。

自分の資産ではなく、【元々手元には無かったボーナスポイント】が資金なので、お試し感覚でトライしてみたい方にもお勧めですし、最悪運用がうまく行かなくても精神的には非常に楽ですね。

④ IPO株も購入出来る

IPO株が購入出来る事も非常に嬉しいですね。

IPO株は投資において唯一と言っても良い程の【ローリスク・ハイリターン】商品とも言えるからです。

IPO株

Initial Public Offeringの略語。
日本語では「新規公開株」や「新規上場株式」のことを指します。
証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることをIPOといいます。

株の売買は安い時に買い、高い時に売るのが大鉄則ですよね。

このIPO株の場合、抽選時の公募価格が安く設定されている場合が多く、上場直後の初値が公募価格を上回ることが多い特徴が有ります。

つまり抽選に当選し、IPO株を安い時に購入出来た場合、上場すると購入時より高値になっているので、売ってしまえばほぼ確実に利益となるのです。

投資に絶対は無いですが、上場の日は8~9割の企業で高値になっているというデータも有りますので、人気の高いカテゴリになります。

⑤おいたまま買付が便利

おいたまま買付という制度も面白いですね。

基本的にどの投資でも証券会社に自身の口座を開設し、そこに資金を移動させてから運用開始となりますが、このおいたまま買付は証券会社の口座に移動させること無く売買が可能という便利サービスです。

PayPay証券公式サイトより

提携している銀行は限られつつ、金額も10,000円以上でないと利用できないという制限は有りますが、手間が省けるという利点は有りそうです。

2.最後に

いかがだったでしょうか。

少額投資が可能で多くの魅力が有るスマホ証券【PayPay証券】

銀行に預けているだけではお金が眠っているだけでもったいない!でも高額な投資は資金的に難しい…と考えている方や、日頃からPayPayがメイン決済手段としている方にはピッタリな証券会社ではないでしょうか。

少しでも試してみたくなったという方は公式サイトから口座を開設してみましょう。

🔽公式サイトはこちら

PayPay証券
その他投資
BEVELLEをフォローする
FX初心者が年3回のボーナスを獲得するまで
タイトルとURLをコピーしました