利益幅検証

MT4で最適な利益幅を検証してみた|AUD/JPY編

利益幅検証

こんにちは、BEVELLEです。

先日開始したMT4での利益幅検証ですが、4ペア目はAUD/JPY(豪ドル/円)です。

🔽検証実施に至るまでのキッカケや流れはこちら

この結果はあくまでも私が運用しているトラップ幅やレンジ幅が基準ですので、多くの方に当てはまるかと言えばそうとも限りません

既に自動売買を実践されてる方は参考程度に見て頂ければと思います。

また、利幅は一つに限定せず、複数の利幅を設定することとし、検証結果の総合上位2位までを採用としたいと思います。

この結果を連続予約注文の設定に反映し利益率向上を狙います。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
BEVELLE

マネパの連続予約注文やマイメイトによる放ったらかし自動売買FXにて年10%以上の利益を目指して運用中。
2020年は約100万円の利益獲得✨
FX初心者でも安心して実践出来る設定や手順、運用実績をブログにて公開中❗
2021年からはETFやスワップ運用も開始。
企業型確定拠出年金やBTCも地道に積立中。
--------------------
・運用履歴:2019年~
・趣味:映画やMLB、競馬(見るだけ)が好き。

1.BEVELLE設定での最適利益幅(AUD/JPY)

BEVELLE設定での最適利益幅 は以下の通りです。

最適利益幅(AUD/JPY)

買い設定
メイン:190Pips サブ:250Pips

売り設定
メイン:250Pips サブ:120Pips

現在のATRを基準とした設定は【80Pips】です。

買いは190Pipsをメインとしました。今の倍以上ですね。

サブに関しても設定最高値の250Pipsと今までの設定から大きな変更です。

売りも大きく変更となる数値となりました。

250Pipsが両方に入ってくるのは非常に珍しいですね。

🔽検証前の最新設定一覧はこちら

2.検証条件

検証の条件をおさらいしておきましょう。

●期間:2015年1月1日~2021年9月30日
●軸足:5分足
●利幅:40Pips~250Pips
●通貨:1,000通貨
●スプレッド:0.2
●買いレンジ:67.6円~85円
●売りレンジ:85円~102.4円
●MT4モデル:始値のみ(最も早い方法)

ポジションは60Pips毎に持つという現在の設定そのままです。

[ad]

3.検証結果

検証結果は以下の通りになりました。

PF…Profit Factor(プロフィットファクター)の略。総利益と総損失の比率のこと。
 計算式は「総利益÷総損失」となり、総利益が総損失を上回っていれば、数値は1以上となります。
 システムトレードを評価する際に用いられ、数値が大きいほど優秀な設定という事になります。

最大DD…最大ドローダウンの略。売買システムのリスクを見る指標のこと。
 集計期間内の累積利益のピークから、一時的な最大下落幅を最大ドローダウンと言います。

①買いのデータ一覧

値幅純利益総利益PF最大DD 値幅純利益総利益PF最大DD
40 306,561  351,000 7.937.3% 150 305,131 339,3179.93 37.1%
50300,466342,8998.0837.2%160318,814352,14510.5736.8%
60300,233341,6998.2437.2%170315,762348,47310.6536.9%
70306,928347,6578.5437.0%180325,713357,72711.1736.8%
80302,017342,4778.4636.9%190330,298361,87911.4636.6%
90300,608339,6928.6937.2%200315,131348,49310.4536.9%
100310,579348,2219.2537.0%210310,160343,22210.3837.5%
110316,542352,8939.7136.6%220321,602354,36410.8237.3%
120317,846353,15610.036.7%230327,689360,28111.0537.1%
130319,998354,79410.236.5%240325,723358,06511.0737.4%
140309,182344,4449.736.7%250329,520361,64811.2637.2%
利益幅 190Pipsレポートグラフ
利益幅 250Pipsレポートグラフ

検証の結果、純利益、総利益、PFランキングで1位。

最大DDでも2位と好成績を残した【190Pips】がメイン設定に輝きました。

サブについては純利益、総利益、PFランキングにて2位となった【250Pips】としました。

最大DDの値がいずれも大きいですが、コロナショックの下落による影響でした。

②売りのデータ一覧

値幅純利益総利益PF最大DD 値幅純利益総利益PF最大DD
40 136,349 136,4631200 3.95% 150 193,940 193,940 4.63%
50163,732163,7324.27%160194,660194,6604.62%
60167,658167,6584.43%170195,507195,5074.76%
70172,532172,5324.36%180196,759196,7594.90%
80176,838176,8384.37%190196,695196,6954.89%
90182,981182,9814.40%200193,486193,4864.89%
100184,296184,2964.35%210201,625201,6254.87%
110192,616192,6164.51%220205,025205,0254.87%
120197,765197,7654.56%230205,557205,5575.09%
130194,145194,1454.53%240202,636202,6365.39%
140191,542191,5424.51%250211,654211,6545.30%
利益幅 250Pipsレポートグラフ
利益幅 120Pipsレポートグラフ

売りはPFが役に立たない状況、つまりほとんどの設定で負けが発生しませんでした。

その為、単純に純利益(総利益)でTOPだった【250Pips】がメインとなりました。

最大DDは下から2番目という数値でしたが、5%台なので問題ないですね。グラフ見てもほぼ一直線ですしね。

サブは本来利益2番手の230Pipsを選択するところですが、あまりにメインに近いので保留。

その上で注目したのが120Pips。

100Pips台の中で頭ひとつ抜けているのが面白いですね。

サブとしてはこの位差が有った方が採用するにふさわしいと思いますので、ちょっとイレギュラーですが【120Pips】を採用としました。

4.まとめ

改めて結果はこちらです🔽

最適利益幅(AUD/JPY)

買い設定
メイン:190Pips サブ:250Pips

売り設定
メイン:250Pips サブ:120Pips

買いは旧設定の80Pipsで好成績を残していたので少々躊躇いますね。

決済ラインに届かず下落していく、という画が思い浮かびます。

ですが、せっかくの検証結果なのでその通りに設定してみましょう。

売りは250Pipsと最大値となりました。

買いも売りも250Pipsが採用されるなんて珍しい展開となってます。

ただ、売りは円安が止まらず一方的な値動きで、かつマイナススワップが大きめなので引き続き運用は停止で様子見しようと思います。

検証も遂に折り返しです。

残りペアもPCには頑張ってもらいましょう🎵