連続予約注文のメリット:デメリット|トラリピには戻れない理由6点

FX

ツイッターなどのFX活動報告や評判で明らかに報告数がトラリピに劣っているマネーパートナーズ(以下マネパ)の連続予約注文。

マネーパートナーズ

それでも私は正直トラリピよりも良い点は多いと思ってます(*^^*)

今回は両方を使った私がメリット、デメリットを挙げてみようと思います。

1.連続予約注文のメリット

①小額投資が可能

マネパは最小100通貨から取引が可能です。

小額からの投資が叫ばれるようになって久しいですが、1000通貨より低い設定が可能な業者はまだ少ないです。

最小1通貨から可能という極小設定も可能な業者も存在しますが、そこまで低すぎると投資の収益よりもスーパーの割引の方が高いくらいの結果になりますので、

やはり小額投資を検討している方にとっては100~1000通貨くらいで自由に設定出来るマネパが一番設計し易いと思います。

②スプレッドが低い

自動売買系では、裁量トレードと比較してスプレッドが開く業者が多いですが、

マネパは連続予約注文でもスプレッドは裁量トレードと同等の狭さを確保しています。

スプレッドは業者への手数料で、取引の回数が増えれば増えるほど、業者に支払うお金がどんどん増えていく事になります。

USD/JPYでの比較

銀行からの引き出し手数料を例に取ると、銀行直系のATMでは手数料無料ですが、コンビニなどではまだまだ手数料が掛かる場合が多いですよね。

多くの方が『お金を引き出すだけなのに手数料とかもったいない!』

として無料の時間を狙ったり、100円~200円の節約の為にちょっと出向いて銀行支店などで対応すると思います。

さてFXではどうでしょう。

何故かスプレッドの高いトラリピ=コンビニや深夜帯など手数料が高い時間をガンガン利用している人が多い状況です。

便利>>>コストの認識です。

現金だと必死に取りに行く100円を、FXの世界ではあっさり無駄にするのが不思議です。

むしろ手数料無料の施設や時間(つまりコストが安いFX業者)が有るのを知らない可能性が有ります。

トラリピの名前があまりに有名で、コスト面まで目が届いていない印象すら受けます

同様のシステムを導入しているのに、あえてコストを取るのはもったいないですね。

何十年も運用をしていくならば、ここの数値は低ければ低いほどコスト削減に繋がります。

ここは早く気が付いた方が良いと思いますね(*´∀`*)

③マイナススワップが低い

マイナスもプラスも低い、と言った方が正解なのですが、ここのコストも低いのは個人的に非常に有り難いです。

自動売買はそのシステムの性格上、長期的にポジションを保有する可能性や、マイナススワップが発生するポジションを複数保有する可能性が有ります。

トラリピではマイナススワップがどんどん膨らみ、結果的に決済した純利益をマイナススワップが上回ってマイナスで確定する事も有りました。

が、同じ期間(9ヶ月)の運用を比較してもマネパに引っ越してからは一度も有りませんでした。

個人的にスワップでは痛い目に有っているので、是非ゼロゼロにしてもらいたいですがw

🔽スワップの影響比較記事はコチラ

④細かい設定が可能

一気に多くのトラップを仕掛けるのは不可ですが、逆に言うと細かい設定が可能です。

トラリピでは有る程度の利益(数十万円)が溜まった段階で、次の設定を追加…とするのが一般的ですが、マネパではトラップ1本分の利益(数万円)が溜まったら追加…とする事が出来、複利運用を最大限に活用出来る可能性を秘めています。

複利の力は非常に強力です。

長期運用する際にはどのように複利の力を活用するか検討するのは重要なポイントですので、有る程度手間でも最大限利用したいという方にはピッタリです。

⑤約定結果画面が見やすい

PCの約定画面では通貨ペア毎に期間を指定して集計してくれる機能が有ります。

図では全ペアの決済集計になっていますが、新規約定を追加したり、売り注文/買い注文をソートかけることも出来たりします。

決済利益、スワップ、合計利益とそれぞれ計算してくれるので、私のように週次、月次報告をする際には非常に便利です。

⑥代用有価証券サービスを利用してFXが出来る

マネパのnanoでは出来ませんが、1万通貨からのPFXで実装されているサービスです。

簡単に言うと『株の購入資金で同時にFXが出来る』というもの。凄いですよね。

マネパの公式には以下の内容が記載されています。

担保として株式等をお預かりし、一定の掛目(証券取引所の前日基準値の70%)で評価し、その評価額をパートナーズFX口座における純資産として反映させ、パートナーズFX取引の証拠金として使用できるサービスです。
当社では現金証拠金のお預かり不要で、代用有価証券のお預かりだけでパートナーズFXのお取引が可能です。

※パートナーズFX口座の受入証拠金がマイナスとなった場合には、入金もしくは代用有価証券の売却等によって受入証拠金のマイナスを解消していただくことになります。

全額、とまではいかないものの、株を買って配当や株主優待を得つつ、FX追加資金無しで同時に出来るというのは非常に魅力的だと思います。

むしろ、配当と優待目的で売るつもりが無い株式を保有している方は、このような代用有価証券との相性はバッチリと言えますね。

自分で運用してしっかり良さを記載出来ればなお良しなのですが、私はnanoしか運用していないので…

その道のプロフェッショナルである『シダ植物さん』のブログを貼り付けておきますので、代用FXに興味が湧きに湧きまくっているそこのあなたは是非読んでみてください(*´ω`*)

🔽シダ植物さんの代用FX記事

いつかnanoで実装される日を夢見ておきたいと思います(*‘ω‘ *)

2.デメリット

①20回までの連続対応

言うまでもなく、一番のデメリットがこちらですね。

一度の設定が永久に続くのが理想ですが、マネパでは20回の繰り返しが限度です。

ちょっと手間かなぁ、とは思いますが、私の設定の場合では20回の繰り返しは結構時間を要するようで、トラリピから引っ越し以降、一番繰り返している設定でも13回程度です。

そんなに頻繁にメンテナンスをする必要も無いという事になりますね。

また、約定通知メールには【今何回目の決済だよ】とわざわざ書いてくれています。

『そろそろ20回終わる設定は無いか!?』と設定画面をいちいち検索する必要も有りません。

連続20回という言葉だけ独り歩きしてますが、そこまで手間でも無いですよ。

②スマホのプッシュ通知が無い

スマホアプリではプッシュ通知は当たり前かと思いきや、マネパではプッシュ通知が有りません。

通知はメールのみ対応しています。

私も引っ越し当初は通知無いのかぁ、と不満に思いましたが、運用してみるとプッシュ通知もメール通知もさほど差が無いなと思うようになりました。

約定した場合、スマホの通知バーにメールのアイコンなので、何のメールかは通知を確認するまで分かりませんが、

タイトルで新規か決済か判別出来ますし、記載内容においても上記『20回までの連続対応』の図の通り設定IDや回転数等も詳細に記載されているので便利です。

③逆指値対応が少々手間

こちらは別記事に載せましたが、逆指値注文が手間です。

詳細はこちらで。

🔽動画で確認したい場合はこちら

慣れてしまえばなんて事無い作業です(*^^*)

3.欲しい機能

メリット・デメリット以外にも個人的に欲しい機能を書いてみます。

マネパ担当者が偶然見たら参考にしてもらいたいですw

①ポイント制度などの会員特典

取引に応じてポイントを与えて、商品券や証拠金に替えたり、ランクアップして取引が優遇される制度を設けている業者が多いですが、マネパには見当たりません。

キャンペーンも非常に少なく、会員向けのキャンペーンは無いに等しいです。

会員向けにサービスを拡充してもらえないかなぁ

と思う今日このごろです。

②スマホアプリでもPCと同様の約定結果画面が欲しい

スマホの約定確認が『前日から』と『当日のみ』の2パターンしか無いのが残念です。

PCの内容が非常に便利なので、PCと同様の結果画面になると非常に有り難いのですが。

(12.11追記)
スマホ版でも上記2パターン以外にも『過去1週間』『過去1ヶ月』が加わり、履歴閲覧範囲が拡大しました(*^^*)

まだPCと同等まではいきませんが、改善されてきていますね🎵

③計算ツールが欲しい

リスク計算をする際に、トラリピ計算表を使っています。

既に設定している状況に対し、○円下落したら証拠金維持率はどの程度か、くらいの計算ツールが有ると便利なんですけどね。

(12.11追記)
こちらもPCの取引ツールの中にシュミレーションツールが有りました。

上記の○円下落したら…という計算方法ではなく、『今のポジション数とレートの場合に、証拠金維持率が140%、120%、100%になるレートはどこになるか』という数値を出してくれます。

あくまで『現状のポジション数』で計算されるので、細かいシュミレーションは出来ないようです(^_^;)

やはりもう少し詳細に計算出来るツールが欲しいですね。

4.最後に

いかがだったでしょうか。

色々と書きましたが、デメリットよりもメリットの方が大きく

デメリットにおいてもイメージが先行していて使ってみると敬遠するほどでもないな

という内容が多かったです。

投資を行っている以上、低コストで利益を上げていきたいと思うのは共通の考えだと思います。

この先何年も何十年も取引していく事を考えると、少々の手間でコスト削減出来るならコスト削減を優先して取引を行うのは自然な流れだと思います。

会社や店舗経営も同じですよね。

目に見える無駄を省き、利益を求める姿は一緒なはずです。

でも何故かFXの自動売買環境では利益の最大限よりも『楽な方法』や『イメージのみで業者を選ぶ』人が多いように思えます。

私と同じようにコスト削減して利益を少しでも増やしたいという方は

是非一度手に取って触ってみる事をお勧めします。

🔽新規口座登録はコチラから

マネーパートナーズ

私はこの先、更にコスト面で優遇されている業者が出てこない限りは マネーパートナーズで引き続き運用していくつもりです(*´∀`*)

🔽マネパで運用中の設定はコチラ

タイトルとURLをコピーしました