マイメイト評判/攻略

マイメイトの育て方と効果を知りたい│ドテン取引の育成もこれで完璧

マイメイト評判/攻略
当サイトが提供する掲載情報について

『FX初心者向けガイドブログ』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。 また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。

提携業者一覧

AIが独自に学びながら自動でFX取引を行ってくれる画期的なサービス『マイメイト』。

独自に学ぶことに加えて、ユーザーが褒める/叱る事で育てる事が出来ます。

FX初心者
FX初心者

AIを育てると言われても難しそう…

BEVELLE
BEVELLE

そんな方の為に育て方についてしっかり解説していきます。

マイメイト

マイメイトの育て方

マイメイトの育て方は2種類。

ユーザーが褒める/叱る事で学ぶ方法と、コピー学習する方法です。

今回の記事では『褒める/叱る』にフォーカスを当てていきます。

コピー学習については別の記事で詳細を記載していますのでそちらを参照ください。

エージェントの育て方の仕様について

マイメイトの育て方
育成可能回数週1回
対象日選択月曜~金曜の内1日のみ
育成方針褒める/叱る/何もしない
育成確定締め切り毎週土曜日午前7時

マイメイトの育て方にはいくつか制限が有ります。

育成の対象は『前週の月曜~金曜5日間』でその中から1日のみ選択可能です。

複数日を育成対象として選択することは出来ません。

仮に1週間の間に良い日と悪い日が混在していた場合。

ユーザーはどちらか一方しか選べないと言う事ですね。

FX初心者
FX初心者

毎日どちらかを選択して育成したいくらいなのになぁ…

BEVELLE
BEVELLE

AIが混乱しないようにした配慮だと思います。

マイメイトの育成は『新規から決済まで1つの取引を過程を含めて評価』する仕様になっています。

仮に新規で褒めて、決済で叱った場合は1つの取引で評価が混在。

結果、評価無し判定となってしまうので注意しましょう。

限られた1回の判断を真剣に考えてもらいたい』

そのような思いから「週に1回のみ評価を伝えることができる」仕様したと公式からも発信が有ります。

エージェントの育て方の手順

では早速エージェントの育て方の手順を紹介です。

今回はPCの画面にて紹介です。

対象エージェント選択

マイメイトにログイン後に評価したいエージェントを選択。

続いてエージェントのクラス評価の隣に有る工具のマークをクリックし『育成する』を選択です。

評価対象の週の判断を確認

育成画面では評価対象の週の通貨ペアの動きや、エージェントの判断が表示されます。

ここでエージェントの動きをしっかり確認しましょう。

褒める、また叱るを選択

褒める、または叱るに値する日があればその日をクリック。

サムズアップ、ダウンのアイコンが表示されます。

褒めるならサムズアップ。

叱るならサムズダウンをクリックしましょう。

今回の例では非常に利益を出してくれたので褒めました。

サムズアップのカウントに(+1)となっているのが分かりますね。

簡単ですが以上で褒める、叱るの育成は完了です。

マイメイトの育成の効果と検証

マイメイトの育成で褒める、叱るの効果はどれほどか気になりますね。

テキロ
テキロ

一度叱ったら全く取引しなくなったりして…

BEVELLE
BEVELLE

公式が検証データを公表してくれているので紹介しますね。

エージェント育成の検証

以下の内容はマイメイト開発元のインヴァスト証券が検証したデータ。

検証対象は『2019年8月23~30日の間の取引内容』です。

下の図を見ると、8月30日に大きめの損失を出していますね。

一週間の取引データ
公式サイトより

損切りの判断は仕方ない。

ですが『8月28日や29日時点で損切りしてくれても良かった』と感じますよね。

結果、8月30日の決済に対して叱りました。

このデータを基準として効果検証の実験です。

自発的学習の効果検証

まず、自発的な継続学習の効果から検証です。

上記期間の取引を経験したエージェントに対し、叱った内容を取り消し。

その上で検証として再度同じ週の取引をさせた結果が以下の通りです。

学習後の一週間の取引データ
公式サイトより

初回に比べ、ドテン売りの判断が1日早くなりました。

自発的な学習だけでも『この取引を引っ張ったのは失敗だった』と学び、早めに切り上げた事が分かります。

育成学習の効果検証

比べて育成として叱った内容をそのままに再度同じ週の取引をさせた場合の結果です。

公式サイトより

結果、こちらも1日前倒して損切り判断を行いました。

これでは自発的な学習の時と同様ですね。

FX初心者
FX初心者

あれ?育成の意味が無いと言うことでしょうか?

BEVELLE
BEVELLE

検証の続きを見てみましょう。

その後、この期間の継続学習を何回も繰り返します。

今流行りの転生モノ顔負け。

何度も同じ取引をさせ、何度も叱ります。

すると、なんということでしょう。

7回目の取引で更に売りが1日早まりました。

公式サイトより

結果だけ見ると、一度の褒める、叱るだけでは劇的な変化は見られないようです。

ですが、しっかりと一貫性の有る指導を続けた場合、ユーザーの思いが届く事が分かりました。

FX初心者
FX初心者

根気よく続ける事が大事なんですね。

BEVELLE
BEVELLE

初志貫徹の志で育成するのが大事ですね。

裏を返せば。

たった1回の褒める、叱るでマイメイトの性能が一気に壊れる事は有りません。

恐れずに評価してあげましょう。

実際の育成では検証のように『同じ取引を繰り返し遡って学ばせる』事は出来ません。

エージェントを叱り続けて褒めない場合

ちなみにエージェントを叱るのみで、褒めない場合はどうなるでしょうか。

昔の体育会系の指導方針、と言ったところでしょうか。

結果として。

『損失を出して怒られるくらいなら取引しない方がマシ!』

というAIになってしまい、取引しなくなってしまいます。

せっかくの学習型AIのポテンシャルがまったく発揮出来なくなります。

人間と一緒。

褒めるところはしっかりと褒めてあげましょう。

ドテン取引の場合

マイメイトの育成は『新規から決済まで1つの取引を過程を含めて評価』と紹介しました。

では決済と同時に新規が発生する『ドテン売り/買い』の場合はどう評価された事になるのでしょうか。

結論としては『決済注文は評価対象ならず、新規注文が評価対象』となります。

テキロ
テキロ

日本語でおk

BEVELLE
BEVELLE

具体的な例を出して見ていきましょう。

下の図は私のエージェントの過去の取引です。

8月10日に売りポジションを決済、同時に新規買いのドテンを行っています。

ですが、翌11日には即マイナス決済を実施しています。

10日に約160Pipsも利益を出しているので褒めたい所ですよね。

しかし、上記の通り『ドテンは決済注文は評価対象ならず、新規注文が評価対象』です。

よって、10日に褒めた場合は11日に決済した-12Pipsの取引を褒めてしまう事になるのです。

テキロ
テキロ

一歩間違えただけで大惨事!

結果、私は9日の売り保有を褒めました。

『新規から決済まで1つの取引を過程を含めて評価』を把握していたからこそ出来た判断ですね。

ドテンの際の育成はしっかり前後の流れを確認して指導しましょう。

まとめ

以上、マイメイトの育成についてのまとめでした。

マイメイトの育成にはユーザー側が『ブレない意思』を持つことが非常に重要です。

仮に50Pips以上の利益が出たら褒める。

50Pips以上の損失は叱る。

などと、機械的な一面を持ちながら育成するのが最善でしょう。

褒める、叱るの行動は確実にエージェントに伝わり、やがて結果に反映されていきます。

根気よく育てていきましょう。

マイメイト

この記事を書いた人
FXで不労所得を継続中
BEVELLE

マネパの連続予約注文やマイメイトによる放ったらかし自動売買FXにて年10%以上の利益を目指して運用中。
2020年は約100万円の利益獲得✨
FX初心者でも安心して実践出来る設定や手順、運用実績をブログにて公開中❗
2021年からはETFやスワップ運用も開始。
企業型確定拠出年金やBTCも地道に積立中。
--------------------
・運用履歴:2019年~
・趣味:映画やMLB、競馬(見るだけ)が好き。

スポンサーリンク
FX初心者向けガイドブログ