年利とは|単利と複利の違い:年利100%の継続運用は可能か?

その他投資

こんにちは。BEVELLEです。

色んな所に書いてますが、今は年利10パーセント以上を目標に取り組んで、年3回目のボーナスを獲得するように運用しています。

年利10パーセントだと正直大したことないんじゃない?

私も最初はそう思っていました。

今年1年で倍、さらに来年も倍、さらに…と年利100パーセントを夢見てもいいのでは?と思ったことも有ります。

が、まさに年利100パーセントを継続していくことは夢物語だというのを記載していこうと思います。

自分の身の丈にあった目標設定をして運用してきましょう。

1.単利と複利

①単利と複利の違い

そもそも利率には『単利』『複利』の2パターンが有ります。

単利は元本に対する利益を受け取り、手元(お財布)に入れる。元本は固定のまま。
複利は元本に対する利益を受け取った後、元本に加算し、その合計をまた元本とする。

という違いが有ります。

100万を元本とし、年利10パーセントとして比較した場合、単利だと1年目で10万円、2年目で10万円、その後も毎年10万円と非常に分かりやすい利益です。

複利だと1年目は10万円で変わりは有りませんが、その10万円を2年目の運用資金に加算することで、2年目の利益は110万円×10パーセント=11万円と1万円の差が生まれます。

さらに翌年は11万円を原本に加算して121万円×10パーセント=12.1万円。

その調子で10年重ねた場合は単利だと相変わらず10万ですが、複利は約23.6万にもなります。

②元本100万円で10年運用した場合(年利10%)

仮に10年で運用を停止して、利益にどれほど差が出るかというと

単利は元本100+10年間合計利益100=総額200万
複利は元本235+10年目の利益23万=総額258万

58万円の差が出る訳です。

同じ元本なのにこの差は大きいですね!

毎年単利の10万を別の消費に使いたい!という事で有ればそれはもちろん単利を選ぶのが有効でしょうが、

私のように長期で運用し、老後までお金に働いてもらいたい場合は複利の方が断然有効という訳です。

2.年利100%がどれだけ非現実的なのか

さて、本題の年利100%の件です。

ここでの非現実的話は、複利での年利100%を毎年のように継続する事にフォーカスしています。

単発なら年利100%は決して不可能な話では無いと思います。

①元本100万円で10年運用した場合(年利100%)

100万円を原本とした場合、初年度で100万円、2年目で200万円…と文字通り倍になっていき、

なんと10年後には10億2400万円になります。

凄いですね、桁違いどころの話ではないです。宝くじの世界です。

さらにその10年後の20年目なんて1兆485億7600万円にもなる計算です。

日本国内の富豪トップ5に入ってくる金額で、楽天の三木谷氏や、ニトリの似鳥氏を遥かに凌ぐ資産になってくるようです。

宝くじに片思いを続けるより、自身で掴みとれるならこっちの方が良さそうですが…

この結果を見ても夢ではないと思えるでしょうか。

もし実現可能なら世界的投資家として年利100%有名人が富豪ランキングの中にポンポン現れても良さそうですが、残念ながら1人も見たことがないです。

FXも今はレバレッジ25倍が限度ですが、以前まではさらに大きなレバレッジを賭けることも可能だったのですが、そんな時代を経ても、年利100%有名人が1人も出てきていません。

不可能であるという何よりの証拠ではないでしょうか。

もし年利100%を永続的に実現出来ます!なんて謳い文句のお誘いが来た場合、それこそ100%詐欺だと言ってもいいでしょう。

ちなみに、世界的有名な投資家バフェット氏も、年利20%前後で世界一の称号を手にしています。

改めてですが、自分の身の丈にあった目標設定をして運用してきましょう。

3.明確な目標設定

年利の話からは若干逸れますが、目標をパーセンテージで捉えていると、正直運用している本人ですら、『つまり目標金額っていくらだっけ?』と曖昧な感じになりがちです。

仕事でも何事でもそうですが、目標設定は明確な方が好ましいです。

運用もぜひ一度、自身の目標を明確に可視化しておきましょう。

方法は至って簡単です。

目標設定手順

年収

まずは自分自身で投資で得たい年収を思い描いてみましょう。

給与の半分?それとも給与の倍?ボーナス分くらいで良い?

個々のやりたい事や環境にも左右されると思いますので、まずは自由に考えましょう。

あまりにも莫大な金額を描くと明らかに無理な設計になるので、ちょっと背伸びしてるかなくらいで収めておいてくださいw

月収

先程思い描いた年収を12で割ってみましょう。

1年=12ヶ月なので単純な話ですね。

でもこんな些細なことで、月の目標が明確になるのと同時に、実行可能か否かが少し見えてきていると思います。

自分の月収と比較してどうか、またはこれだけ有ればもっと色々と生活が変えられるぞ、と様々な考えが巡っているかもしれないですね。

日収

最後に、月収目標を平日の日数で割ってみましょう。

土日を除くとたいていどの月も20日前後になると思います。

これもFXが取引出来るのが平日のみだから、という単純な理屈ですね。

さぁ、いま出てきた数字が1日稼がなきゃならない目標金額です。

仮に年1千万円稼ぐ!と目標にした場合

10,000,000円÷12÷20=約41,600円 となりますね。

この金額と、自分の運用方法や資金、取引可能時間など総合的に考えて実現可能かしっかり検討してみましょう。

行けると思ったら是非そのまま突き進んでください。

無理だと思ったら、そもそもの目標年収か、運用方法なのか、その他の要因なのか、自身の中でのエラーを見つけて修正しましょう。

納得した上で、最後に自身の目標金額は年利換算すると何パーセントになるのか?

そのパーセンテージって、夢物語になってやいないか??

そういう考え方で問題ないと思いますよ。

しっかり目標を明確にして、何度も言いますが自分の身の丈にあった目標設定をして運用してきましょう。

その他投資
BEVELLEをフォローする
FX初心者が年3回のボーナスを獲得するまで
タイトルとURLをコピーしました